クラブの成り立ち

デスペルーホ藤沢は2016年10月に創立した藤沢清流高校サッカー部OBを中心とした、神奈川県藤沢市をホームタウンとするサッカークラブです。

 

 2015年度藤沢清流高校卒、鹿島俊太郎と、当時サッカー部を引退した直後であった高校3年の井上太陽と山下翔が話し合ったことがこのクラブの始まりであります。これから大学でサッカーをやるのか、社会人でやるのか、それともサッカーを辞めてしまうのかいろんな選択肢が出てきたところで、自分たちで一からサッカークラブを作っていくのはどうだろうかということになりました。その理由として清流高校だけでなく、他の高校でも高校生でサッカーを辞めてしまうという風潮があること。清流高校サッカー部は神奈川県内では中堅から上位のサッカー部であるのに関わらず、大学生になってからでサッカーを続ける者が少なかったことなど様々な理由がありますが、一番はサッカーをやる環境をみんなが求めていたことです。

 そこでサッカークラブを作るということを決心しました。

 デスペルーホ藤沢では今後運営体制を整えていき、清流高校サッカー部OBだけでなく様々な選手がサッカーをするプレーすることができる場を創造していきます。また藤沢市を中心にサッカーを通じて地域の人々と交流をし、若者中心のコミュニティの形成、健康増進を図りながら藤沢市のスポーツの振興に寄与していきたいと考えています。2018年1月には藤沢市の公益的市民活動助成事業に応募し、2018年度はデスペルーホ藤沢の組織基盤強化をするための助成を受け、活動しました。2018年11月20日に設立が完了し運営は特定非営利活動法人デスペルーホ藤沢に移行しました。

 

 学生を中心としたまだまだ未熟なサッカークラブですがこういった活動は若者が輝ける社会を築き上げる第一歩であると考えています。少子高齢化によって20代以下の世代はだんだん減っていきますがこれから社会や高齢者を支えていくのは自分たちの世代であります。藤沢市を中心に若者でもこんなことができるんだという「希望」や「夢」を与えられるように目的を達成していき、藤沢市の発展に貢献できるように活動していきます。

エンブレム&ロゴ

クラブ概要

■クラブ名​

デスペルーホ藤沢

■クラブ名の由来

藤沢清流高校サッカー部を中心に設立されたのにちなんだ名称

スペイン語で 清らか:Despejado デスペハード 流れ:Flujo フルーホを組み合わせた造語で清流:Despelujo デスペルーホにチームの拠点である藤沢を合わせた名前である。

■運営会社

特定非営利活動法人デスペルーホ藤沢

■連絡先

info@despelujoofficial.com

■創立​

2016年10月8日

クラブの歴史

・2016年10月8日

クラブ創立

・2017年

神奈川県社会人サッカーリーグ3部SAグループ優勝

神奈川県社会人サッカー選手権1次トーナメント兼2部昇格トーナメント 2部昇格決定戦敗退

​・2018年

第25回全国クラブチームサッカー選手権神奈川県大会 準決勝敗退

神奈川県社会人サッカーリーグ3部SAグループ優勝

神奈川県社会人サッカー選手権1次トーナメント兼2部昇格トーナメント Cブロック優勝 2部昇格​

・2018年11月20日

特定非営利活動法人デスペルーホ藤沢設立